待ち遠しいほどに、ワクワクする明日を。

思えば、たったひとり、アパートの1室からのスタートでした。それが、創業して3年。こんなにたくさんの仲間に囲まれて、笑ったり、喜んだり、時には苦しんだり。正直言って、こんな毎日想像もしていませんでした。

もともと、大学の履修登録すらまともにできないほど、パソコンのこともネットのことも知りませんでした。1ヶ月以上かけて数百記事をアップしたサイトをバックアップを知らずに全消去してしまったことを思い出します。マーケティングなんて知るはずもありません。起業をするなんて、今振り返ると、狂っていたのかと思うほど何もありませんでした(笑)。

めちゃくちゃだったけど、それでもひとつも諦めることなく全力だったからここまで乗り越えて来られたのかもしれません。本当に人生は何があるかわからないものですね。

目の前の景色は目まぐるしく変わっていきます。時には戸惑うこともあります。でも、楽しいですね。こうして仲間と事業をやっているのがとても楽しいのだと思います。そして、これからもっとワクワクすることが待っていると思えるのがとてもうれしいのです。

INKはずっと夢を見られる場所でなくてはいけません。私は、学生だったときに将来何をしていいかわからなくなりました。その時、「自分が毎日を楽しいと思えることを作ろう」そう思って事業をはじめました。だからINKは、誰にとっても毎日が楽しいと思える場所にしたいのです。面白いこと、楽しいことがあふれる場所でありたいのです。

ひとりひとりのビジネスライフが充実し、人生を豊かに出来るような企業であり続けられるよう、着実に歩んでいきます。

INKの主役は誰なのか。

HPや求人サイトのどこを見ても私の写真はありません。というのも、私が表に出るべきだと思っているのは我が社の各事業を担うリーダーであり、それを支えるメンバーだと考えているからなのです。

良い意味でも、悪い意味でも我々の規模の会社は社長の顔が印象に残りがちです。ガンガン引っ張っていくカリスマ性のある社長も素晴らしいなと思い、憧れる気持ちはありますが、私がやりたいこととは少し違っています。

INKは、情熱を持って素晴らしい商品を作っている方々のマーケティング支援をさせていただくところからスタートしました。そんな創業時から変わらないのが、『情熱を持った素晴らしいメンバーと、ともに事業を作り上げていくこと』が私の喜びだということ。私がやりたいことは、その情熱が最大限の成果を生み出すことができるように、サポートすることなのです。

そんな想いから、「100人のリーダーの創出」を掲げていますが、私にとって、これがぴったりのスタイルだと思っています。リーダーとスペシャリストが集まり、育ち、活躍する組織へ。人にしか出来ない、僕らにしか出来ないことがどんどんカタチになるのが嬉しい。

今後も、今いるメンバーの中から事業を引っ張るリーダーが生まれてくるのでしょうし、これから出会うであろう新たなメンバーにINKの、そしてINKから生まれる新たな事業の顔になってほしいと思っています。そして、そのリーダーと、メンバーと、大きなことを成し遂げていきたいと強く思っています。

明るい未来のために。

私が事業を起ち上げようと思ったときのことです。どんな事業をしようか?と考え、真っ先に浮かんだのは、「子どもや孫や、その先の世代の人たちが希望を持てる、そんな未来をつくること」でした。

自分の家族や、これから生まれてくるであろう大切な人たちを絶望させるようなことはしたくない。どうにか、「生まれてきてよかった」と思える未来をつくりたいと思ったのです。

そのためには向き合うべき多くの課題が存在していると考えています。私たちは、何を大切にし、何を守り、何を変えていけば良いのでしょうか。私たちは、常に考えなければなりません。

だからこそ、いつまでもチャレンジ精神を持って、学び成長していきます。そして、現在を生きる人たちを笑顔にし、未来に生きる人達を笑顔にするために全力を尽くしていきます。

まだまだ何も成し遂げてはいませんが、多くの方に支えられたから、ここまでやってこれました。本当にありがとうございます。これからもずっと、周りの方々に応援していただけるように、誠実に向き合っていきます。いつまでも頼られるプロフェッショナル集団として、スペシャリスト集団として努力し続けます。

それでは、今後も、期待していただき、期待に応えられる存在になれるよう邁進してまいります。
一層のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー
Copyright 2017 株式会社INK